“アイマークレコーダ”は「人はどこを見ているか?」を可視化・計測するアイトラッカーです。

アイトラッキングの活用事例

医療・福祉

Medical science & Welfare

少子高齢化にともない高齢者の行動に関する研究が盛んに行われています。こうした研究において、高齢者の転倒予防や看護作業の研究で視線計測が活用されています。また、障害をもった方への視線入力サポートや視線トレーニング、技能伝承として名医の手術アーカイブ化でもアイトラッカーが使われています。

バリアフリー

高齢者の転倒予防として段差をなくす、障害物を目立たせる、階段昇降時の手すり等のサポートをつけるなどのバリアフリー化に向けた研究でアイトラッカーは使用されています。まず、どこを見ながら歩行をしているのかを計測し、デザイン変更後にどのように視線が変化したのかを定量化します。モーションキャプチャーと同時計測し、運動解析が行われることもあります。

看護

看護作業教育に視線計測が行われています。ベテラン看護師と経験の浅い看護師の作業の違いをアイトラッカーで計測し、ポイントを明確にした教育フィードバックを行います。また、薬の取り違えを防止するため、薬を置く場所の明確化や分かりやすいラベルのデザイン制作、取扱説明書を作成する際にもアイトラッカーは使用されています。

名医のアーカイブ

医学界には名医と呼ばれる手術技術が卓越した医師がいますが、その技を継承することは難しく、後進の教育に活かす目的で名医の視線をアーカイブするのにアイトラッカーが使用されています。腹腔鏡手術の作業ポイントや、マンモグラフィー検査でどのようにレントゲン写真を見て乳がんを発見しているかなどの応用例があります。