“アイマークレコーダ”は「人はどこを見ているか?」を可視化・計測するアイトラッカーです。

ホーム | 活用事例ライブラリー | 技術承継と目視検査

アイトラッキングの活用事例

技術承継と目視検査

Skill succession & Visual inspection

目視検査において熟練者と初心者では不良箇所の確認精度に大きな差が出ることがあります。そのため、精度向上を目的としたマニュアル作成や教育の実施、検査の自動化に向けた熟練者の視線を定量化する試みが行われています。

作業の定量化・環境の再構築

目視検査は現在も多くの製造現場で継続的に行われていますが、作業は長時間に及ぶことが多いため無駄のない効率的で正確な作業が求められます。検査員の疲労度や照明条件、検査場所、作業フローの違いにより、視線の動きや注目ポイントがどのように変わるかを定量化するためアイトラッカーは使用されています。

技能伝承・作業マニュアル化

一部の目視検査では、職人が行うような言語化が難しい感覚的な判断が必要な場面や、経験年数を重ねた熟練者にしか検知できないケースがあります。また、少子高齢化社会を迎え、そうした技の伝承が急務となっています。アイトラッカーで視線の動きや注視ポイントを定量化することで、的確なフィードバックや教育マニュアルの作成に役立てられています。

自動化、ロボット化に向けて

少子高齢化時代の到来に向けて目視検査も自動化が求められています。そのためこれまで行われてきた作業内容を定量化し、マニュアルの作成や手順化が必要になります。しかし、作業内容に関するアンケート調査や定性評価では、本来重要視されるべき作業の“コツ”や“勘どころ”といった情報が埋もれてしまうケースが多々ありました。視線計測を行うことで定量的なデータをもとに、作業フローの見直しを行うことが可能です。