“アイマークレコーダ”は「人はどこを見ているか?」を可視化・計測するアイトラッカーです。

ホーム | 製品情報 | EMR ACTUS

製品情報

Products

EMR ACTUS

EMR ACTUS

EMR ACTUSはCALFREE技術により、キャリブレーション不要ですぐに視線計測が行えます。装置を装着することや意思の疎通が難しい幼児や高齢者の計測、被験者が多い計測に最適です。

特長

CALFREE

EMR ACTUSはCALFREE技術により計測前のキャリブレーション作業が不要です。検出ユニットの前に立つか座るだけで、すぐに視線計測が可能です。


スムーズな解析作業

解析ソフトウェアEMR-dStreamは、計測の際に被験者に提示する動画や静止画の表示タイミングや順番の編集と、停留点分布やヒートマップなどの計測結果表示をスムーズに行うことが可能です。


仕様

検出方式
瞳孔・角膜反射法
検出レート(両眼)
両眼60Hz(59.94Hz)
眼球運動 検出分解能
個人CAL計測時 精度0.5° / 分解能0.3°(ナック標準模型眼による)
CALFREE計測時 精度4.0° / 分解能2.0°(ナック標準模型眼による)
瞳孔径
分解能 0.1mm
瞳孔径 2.5~7.0mm
検出範囲
奥行き 検出ユニットから500~800mm
頭部移動可能範囲 幅475✕高さ360mm(奥行き700mmの位置のとき)
記録データ
計測データ バイナリ形式(CSVに変換可能)
計測時間 60分
入力信号
外部カウンタリセット TTLレベル(負論理)DC0~+5.5V/接点信号
外部キュー TTLレベル(負論理)DC0~+5.5V/接点信号
外部同期信号 TTLレベル(負論理)DC0~+5.5V
出力信号
シリアルデータ フレームカウンター / 注視点座標 / 瞳孔径
アナログ波形 アイマーク座標、瞳孔径 -12.2V~+12.2V
同期信号 TTL信号(負論理)
寸法・質量
検出ユニット 約W235✕H30✕D45mm(突起部除く) 約440g
メインユニット 約W110✕H300✕D228mm 約3.5kg
CALFREEユニット 約W693✕H484.5✕D228mm 約2.3kg
入力電圧
100~240V AC 50/60Hz
消費電力
約140VA
環境
動作温度 0~+40℃ / 30~80%RH 結露なきこと
保存温度 -10~+60℃ / 20~80%RH 結露なきこと

オプション

スタンド

検出ユニットを固定するためのスタンドです。

CALFREEユニット

キャリブレーション行わずに計測が可能です。

刺激提示用24.1インチモニター

刺激を提示するモニターです。CALFREEユニットが取付可能です。

イベント信号入力ケーブル

EMR ACTUSのリセット入力やイベント出力を外部機器と接続するためのケーブル(BNCコネクター)です。

シリアル出力変換ケーブル

EMR ACTUSとシリアルデータ通信するためのケーブル(D-Sub9P)です。 コンピュータと接続する場合、クロスケーブルが必要です。

CUEスイッチ

EMR ACTUSにCUEを入力するためのスイッチです。

制御用コンピュータ

EMR ACTUSを制御および刺激を表示するコンピュータです。

外部視野カメラオプション

EMR ACTUSでモニターではなく実風景を計測することができます。

WOT同期オプション

EMR ACTUSとNeU社製ウェアラブル光トポグラフィを接続して、同期計測することができます。

EMR-dStream

提示する刺激の作成、刺激の再生、アイマークのモニタリング、個人キャリブレーション、計測データの記録、EMR ACTUSの制御などが可能です。
*PCは別途ご用意ください。

SDK

外部のアプリケーションに組み込み、EMR ACTUSを制御したり、アイマークデータを取得することができます。 サンプルのアプリケーションが含まれています。

ケース

EMR ACTUSの構成機器を収納するケースです。

システム図

EMR ACTUSシステム図

システム機器

EMR ACTUS+NIRS(脳血流)

NIRSは脳活動の安静時と活性時を計測し、その差分から各部位の活動量を算出して解析を行います。視線と脳血流を同時に計測することで、“何を見たか”と“認知負荷”を同時に評価することができます。例えば、人が認識やすいデザインを検討するとき、認知負荷が少ない方が脳を使わず直感的に物事を認知するといった評価を行うことがあります。また、視線の停留と脳活動は記憶と関係性があるとも言われており、教育分野での応用などが期待できます。 一般的な実験ではディスプレイにフィグゼーションマーク(安静時)と刺激画像/映像(活性時)を交互に表示し被験者の脳の活性状態を計測しますが、そうした刺激提示用のブロックデザインを組む場合、EMR ACTUSの制御ソフト“EMR-dStream2(ACTUS専用)”上で制作可能です。また、EMR-9と同様にEMR ACTUSとNIRS双方の近赤外光の干渉については、EMR ACTUS側の近赤外光の発光制御機能やNIRS用の遮光シートを使用することで計測に影響を与えません。
 

EMR ACTUS+NIRS(脳血流)

EMR ACTUS+カメラ

EMR ACTUSの計測対象はモニターだけではありません。計測対象をWebカメラで撮影し、その映っているエリアを計測対象にすることができます。例えば、対人してコミュニケーションを取っているときの視線を非接触で計測することや、スマートフォンやタブレットを操作しているときの視線計測、ドライビングシミュレータ運転中の視線などもEMR ACTUSで計測することができます。
 

計測例:スマートフォンの視線計測

計測例:スマートフォンの視線計測


「CALFREE」は、神戸大学長松隆准教授による視線計測における個人キャリブレーションを不要にする技術(特許第5163982号)並びに神戸大学長松隆准教授、鎌原淳三准教授及び関西学院大学山本倫也准教授による視線計測における眼球モデル改良技術(特許第5371051号)を基に、弊社が開発した「個人キャリブレーションを不要にする機能」です。